ネームサーバーの変更をする

コアサーバー/バリューサーバーで、独自ドメインを稼働させるには、
レジストラ側でコアサーバー/バリューサーバー側に向けさせるよう、
ネームサーバーを変更させる必要があります。

通常は、これでドメイン設定さえすればサイト公開はできるのですが、
コアサーバー/バリューサーバーはこれだけでは稼働しないんですね。

こういうところが不親切だと感じるんですが、それはそれとして、
もう一つ二つ作業する必要があります。

ですから、コアサーバー/バリューサーバーでのドメイン設定の前に、
しなければならないその作業についてご説明しましょう。

レジストラ側でのネームサーバー変更

まずは、独自ドメインを管理しているレジストラ側で、コアサーバー/
バリューサーバーに向けさせるようにネームサーバーの変更が必要です。

これは、当然にレジストラ毎で違いますが、やることはネームサーバー
の変更ですから、書き換えるコアサーバー/バリューサーバーのネーム
サーバーをここに記しておきます。

サイト内にも記載はありますが、探すのも面倒だろうと思いますので、
ここでコピペしてお使いください。

プライマリネームサーバー NS1.VALUE-DOMAIN.COM
セカンダリネームサーバー NS2.VALUE-DOMAIN.COM
NS3.VALUE-DOMAIN.COM
NS4.VALUE-DOMAIN.COM
NS5.VALUE-DOMAIN.COM

必須なのはプライマリとセカンダリのひとつだけです。
5つ記載できる場合はすべて記載しなければですが、レジストラによっては、
2つしか記載できない場合があります。

その場合は、プライマリとセカンダリの一番上である、
「NS2.VALUE-DOMAIN.COM」だけ書けば大丈夫です。

はい、これでネームサーバーの変更は終了、正しく変更されていればですが。
浸透までは時間がかかります。大体24時間、長ければ48時間見てください。

バリュードメインで管理している独自ドメインは?

同じ会社であるレジストラ大手のバリュードメインで管理している独自ドメイン
をコアサーバー/バリューサーバーで稼働させる場合は、この作業はいりません。
すでに、向いていますからね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ記事

  • コスパの高いレンタルサーバー

    レンタルサーバーはコスパの高いレンタルサーバーを選ぶと良いと思います。

    とにかく安いだけのサーバーだと使いづらかったり後悔したりするのがオチ。
    価格はそこそこでも、とにかく使いやすいコスパの高いレンタルサーバーを選ぶ。その方が初心者にとっては良いはず。

このページの先頭へ