レノボ G570 433472Jを買った。

本日、注文していた商品が「コジマネット」から届きました。

「Lenovo G570 433472J」。29,800円でした。

2年もたないでお亡くなりになった東芝のネットブックの代わりです。

ネットブックの代わりにしちゃあ随分大きなpcですが、いろいろ考えた結果、これでいいだろうということになりました。

ネットブックって結局、「携帯性」しか機能的に見出せるところがないんですよね。

持ち出しに便利という面のために、犠牲になっている部分が大きすぎる

性能は多少妥協するにしても、あまりにも非力すぎる。ディスプレイが小さいから見づらい。その携帯性にしても、タブレットには適わない。

だとしたら、性能そこそこでも、安ければokかなと思うようになりました。持ち出しにしても、電車や歩きで外に持っていくわけではないんで、田舎は車で持ち出しです。

だから、このサイズでも問題なし!

早速箱から出してみました。家電量販店で実物は何度も見てはいたんですが、うーん、かなりプラスティッキーですね・・・質感を求める人には無理かも。

レノボが安いというのは、わかります。

早速、起動してリカバリーディスクを作成しました。マニュアルにはDVD-R3枚なんて書いてあったけど、2枚で済みました。

そして、無線LANの設定をしてネットに繋げます。

このpcを購入するにあたって、心配だったのは、その性能。具体的には、処理能力です。

個人で使う3台目のPCなんで、多少のことには目をつぶるつもりでしたが、あと2千円ぐらい出せばCore i3のG570が買えたのです。これは、「celeron b800」というCPUを採用しています。

でも、近所にあるコジマでサービスが受けられるという魅力に引かれました。

そんな心配を胸にいろいろいじってみましたが・・・

うーん、やはり、「celeron b800」はちょっと厳しいかな・・・というよりも、メモリが2Gという方が問題だと。

最近は、、売値を下げるためにwindows7 64bitでも2Gしか搭載しないPCが増えていますが、明らかに足りないです。

まあ、これは予想していたことなので、予め買っておいた4Gのメモリを空きスロットに。これで6Gです。

そうすると、いやあ、サクサク動くようになりました。下が、6Gメモリ後のエクスペリエンスインデックスです。メモリが突出していますね。

レノボのG570シリーズって、お話したとおりいかにも安物って風情なんだけど、このキーボードのタッチはこれまで使ってきたノートでは一番好きです。ノートpcにありがちな、ヘンな引っかかり感はほぼないし、高級感はないけど、私は好きな操作感ですね。

本当は、メモリの換装風景も載せようとは思っていたんですが、つい忘れてしまいました。そのうちにメモリの換装解説でもしようかなとは思っています。

ネットサーフィンとワードプレス投稿は、こちらがメインになっていくでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ記事

  • コスパの高いレンタルサーバー

    レンタルサーバーはコスパの高いレンタルサーバーを選ぶと良いと思います。

    とにかく安いだけのサーバーだと使いづらかったり後悔したりするのがオチ。
    価格はそこそこでも、とにかく使いやすいコスパの高いレンタルサーバーを選ぶ。その方が初心者にとっては良いはず。

このページの先頭へ