アドセンスでまずは1日3.4ドル稼ぐために考えること、次は「サイト訪問者にアドセンスを観てもらうこと」を考えてください。

 

あなたのサイトの訪問者は、何らかの目的を持ってそこにたどり着いています。
そのページにアドセンスが貼ってあれば、この時点ではじめてアドセンス報酬がカウントされる「チャンス」が訪れることになります。

このチャンスをどう生かすか。
逆に、チャンスロスをいかに無くしていくか。

アドセンスは訪問者にクリックされて報酬を得ていくわけですが、

「いかにクリックさせるか」と考えるよりも、

「いかにチャンスロスを無くしていくか」

と考えた方が良いと思います。

同じような表現ですが、ちょっと違いますよね。

クリックさせようクリックさせようと考えると、どこかで無理が出てきますし、ヘタするとプログラムポリシーを逸脱してアカウント停止の憂き目に遭ったりします。

どんなに頑張っても、訪問者全員がクリックするわけではありません。クリックしない人の方が多いわけですから。

広告のコピーライティングは完全に広告主に委ねられていて、サイト管理人が介入する余地はありません。

だとしたら、サイト管理人のできることは「アドセンスを訪問者に観てもらうこと」に注力するしかできないと思うのです。

 

 さて、どうすればそのチャンスロスを最低限に抑えられるのか。

それは何と言っても「アドセンスの掲載位置」でしょう。

この掲載位置如何ではクリック率がまったく違います。

 

クリック率を上げるには、テーマ(ジャンル)の種類、アドセンスの見せ方にもかかわってきますが、何といっても掲載位置です。

サイト訪問者が自然に視界に入ってくる位置、人間の行動心理に適った掲載位置というものがあるのです。

この掲載位置に関して、いろんな意見があるようです。レイアウトによっても違ったりすると思うのですが、私は私なりに研究して検証して、自分なりの「ベター」な掲載位置を見つけました。

 

もし興味があるようでしたら、「アドセンスのすすめ」に訪れて頂いて確認して頂ければと思いますが、せっかくナイスなキーワードを見つけて、サイトに訪問してくださる方がいらっしゃるのでしたら、チャンスは逃さないで頂きたいのです、アドセンスで稼ぎたいのなら。

今までチャンスを逃していたうちのたった数%がもしアドセンスを見つけてくれていたら、1日3.4ドルなんて超えていたかもしれません。

月に100ドルなんてとっくに突破していて、毎月お小遣いが振り込まれていたかもしれません。