カスペルスキーMP2012は重くないと思う

今朝、佐川さんがひとつの荷物を運んできてくれました。

「カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティ 2012」

先月から1台のPCで試用版を使っていましたが、このほど、「合格」の評価が下されて晴れて製品版を購入した次第です。

ここ数年、ウチのPCはすべてノートンを使っていました。

別に大きな不満はありませんでしたが、最近、「余計な事」を勝手にし始めたので、ちょっと、目先を変えてみようかなと。

以前のカスペルスキーは高性能だけど重いなんて話を聞いていて、
「セキュリティソフトで重いのはカンベンだな」と思っていた私は、どうしても距離を置く存在だったんですね。

そんな時、知人から「カスペルスキー、変わったよ」みたいな、まるで上から目線で、改心したのを評価しているかのような発言をしていたので、ノートンの使用期限が来るのを待って試用版を試していたんです。

試用版の印象

試用版を使った印象は、高性能はダテではないな、と思いました。

なんか、ノートンでは検出できなかったような、ヘンなのがたくさん釣れていたし(そんなレポートが出ていた)、何よりも、「全然重くない」

またっくもって引っかかるような重さは出ていないようです。

ちなみに、カスペルスキーの試用版を試したのは、デスクトップPCで、Pentium Dual-Core G620のメモリ4Gです。

それほど高性能というわけではないPCで重いと感じたことはないので、実際に重くはないのでしょう。

早速、インストールした

昼休みを利用してインストールしました。

これ1台で、WindowsでもMacでも、タブレットでも、
どんな組み合わせでも3台のマシンにインストールできるというユニークなのもです。これもカスペルスキーに決めた理由なんですけどね。

ちなみにですね、既に、試用版が入っているPCには、同封のアクティベーションコードを入力するだけで、新たにインストールせずとも製品版にアクティブ化することができます。

アイコンもなんか、かわいらしいんですよねー

最後に気をつける事は、3台インストールとあるわけですが、
1台目がアクティブ化した日が起算日となってそこから1年です。他の2台ともそうなります。

ですから、2台目、3台目の場合は、インストール日が1台目と違う場合は、そのへん注意が必要かなと思います。

今日は、2台までインストールしておきました。
近いうちにもう1台ネットブックを買う予定があるので、それに入れようかなと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ記事

  • コスパの高いレンタルサーバー

    レンタルサーバーはコスパの高いレンタルサーバーを選ぶと良いと思います。

    とにかく安いだけのサーバーだと使いづらかったり後悔したりするのがオチ。
    価格はそこそこでも、とにかく使いやすいコスパの高いレンタルサーバーを選ぶ。その方が初心者にとっては良いはず。

このページの先頭へ