ドメインのDNS設定

無料ネームサーバーを作成するが完了し、
そのまま次の作業に入っていきます。

次は、DNS設定という作業です。

このDNSとは「Domain Name System」の略で、無料ネームサーバーを与えられた
他社管理の独自ドメインに、IPアドレスを知らせるシステムになります。

これがないと、ネームサーバーを変更した独自ドメインが、
コアサーバー/バリューサーバーのホストに向けられたものの、
どのサーバーで動いていいかわかりません。

たくさんのサーバーが稼働していますからね。

そこで、動かすサーバーのIPアドレスをその独自ドメインに知らせて、
晴れてマッチングできるということです。

なんか、ややこしいと思われるかもしれませんが、作業自体は至極簡単です。
それでは、ご説明します。

DNS設定

コアサーバーコントロールパネル

無料ネームサーバーの作成と同じく、
「無料ネームサーバー」から入っていきましょう。

ドメインのDNS設定画面

そして、無料ネームサーバーの作成の下にある、「ドメインのDNS設定」をクリック。

無料ネームサーバー取得リスト

画面変わりました。
これは、無料ネームサーバーを作成して取得したリストです。
ついさっき作成した独自ドメインは、ここにあるはずですので、
そこの右側にある「編集」をクリック。

DNS設定画面1

はい、こんな感じの画面になります。
赤枠の中のピクセレートかけているところは、IPアドレスです。
これを変更してやろうということですね。

で、変更の仕方ですが、ちょっと下にスクロールすると、
こんな画面になります。

DNS設定画面2

ここを開くと、サーバーアドレスのリストが出てきます。
コアサーバーだったら「s(mとかもあります)数字.coreserver.jp」、
バリューサーバーだったら「s(eとかmとかもあり数字.valueserver.jp)」
というヤツです。

予め、独自ドメインと、自分が取得してこの独自ドメインを、
稼働させたいサーバーアドレスは確認しておきましょう。

で選択すると、こんなものが画面出てきます。

DNS設定画面3

「OK」クリックして下にスクロールすると、「保存」ボタンが出てきます。

DNS設定画面4

クリックすると、画面が変わります。

DNS設定画面5

設定が完了し、元に戻りました。

実は、無料ネームサーバーを作成した時もこんな画面が出てきます。
ので、このまま続けてドメインのDNS設定しちゃった方が良いでしょう。

これで、下準備は終わり、やっと、独自ドメインの設定になります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ記事

  • コスパの高いレンタルサーバー

    レンタルサーバーはコスパの高いレンタルサーバーを選ぶと良いと思います。

    とにかく安いだけのサーバーだと使いづらかったり後悔したりするのがオチ。
    価格はそこそこでも、とにかく使いやすいコスパの高いレンタルサーバーを選ぶ。その方が初心者にとっては良いはず。

このページの先頭へ